ワークポートに断られたらどこの転職エージェントも無理?

    2017.07.12

ワークポートは最もハードルの低い転職エージェントです。

未経験でも転職がはじめての人でも第二新卒でも、フリーターでも応じてくれます。

そんな窓口の広いワークポートに断られたらおそらくどこの転職エージェントに行ってもダメでしょう。素直に転職サイトやハローワークを利用することをおすすめします。

ワークポートに登録できない人の特徴をまとめておきます。転職エージェントとは縁がなかったにしても、転職エージェントに断られるということは自分に市場価値がないと言われているのと同じことです。改善できる部分は直して次の転職活動に臨むことが大切です!

スポンサーリンク

ワークポートに断られる人の特徴

やる気がない

まずそもそものところで、わたしたちの真剣度がとわれます。

ワークポートのスタッフは一日に何人もの人を相手にしながら仕事をしています。当然ですが、転職のやる気のある人とない人ではやる気のある人に力を入れてコンサルティングするのは当たり前の話です。

とりあえず登録して適当に使ってやろう的な空気感が出ている人はダメですよね。転職しようとしている人のマナーとは思えません。(そういう人間性は面接などでも伝わるので注意してくださいね。)

例えば、どういう部分でやる気が判断できるかと言うと、

  • 最初の電話の対応
  • 面談に来るかどうか
  • 職務経歴書、履歴書を自分なりにでもちゃんと書いてきたか
  • 面談時の話し方

など。

転職エージェントを利用したいのであれば、マナーとして自分にはやる気があることをアピールすることが最低限です。実際にやる気はなくていいですが、表面上はやる気あるように見せましょうという意味です。

年齢が高すぎる

人を雇用する側として考えてほしいのですが、同じスキルで55歳の人と、25歳の人がいたら、どちらを選びますか?

どう考えても25歳ですよね。

企業は人を雇う時に「将来性」を考えます。「将来性」の一番分かりやすい基準は年齢です。

定年が65歳として、最大で10年間しか働けない人と、最大で40年間を勤務できる人であれば、40年間の働いてくれたほうが会社に貢献してくれますよね。

もちろん年齢が高くてもキャリアをしっかりと積んでいてその人にしかできない役割やスキルがあれば話は別ですが、キャリアもスキルも乏しい高齢の方は断られる可能性が高いです。

また、ワークポートがメインで考えているお客様は20代から30代の転職希望者です。40代や50代でも登録している人はいるのですが、断られる可能性が高いことを覚えておくといいでしょう。

面談を拒否

ワークポートは面談してからコンサルティングがスタートします。つまりは面談をしなければ何も始まりません。

やる気の話と少し似ていますが、一般的な面談までの期間は、早い人で翌日、遅い人でも2週間後です。

わざわざ面談に行くのが面倒くさい、という人は、そもそも転職エージェントというサービスを使うことが向いておらず、転職サイトを使って自分で転職活動したほうがいいと思いますよ。

スポンサーリンク

ワークポートに断られた次にすること

ワークポートは本当に滅多なことでは断りません。とりあえず全員入れて、そこから疎遠になっていくといったパターンが多いです。

転職エージェントの登録難易度ランクでもSクラスのめちゃくちゃ登録しやすい転職エージェントとなっています。
参考 → 転職エージェントを登録の難易度で比較!

上記に挙げた断られる理由にしても、「自分のせい」ばかりですよね。そもそも転職する気がないとか、面談に行きたくないとか、ちゃんとキャリアを積んでこなかったとか。

何度も言いますが、ワークポートは転職エージェントの中で一番ハードルが低いです。ここに断られるということは、どこの転職エージェントに応募してもおそらく無理でしょう。

ですので、ワークポートに断られて次にすべきこととしては、

  • 転職サイト
  • ハローワーク

のどちらかへの登録ですね。

高齢が理由で断られた方はハローワークが第一選択候補で、

やる気がなくて断わられた方は転職サイトを活用するといいでしょう。

ハローワークのメリット

ハローワークのいいところは、何と言っても「断わらない」ところ。国が運営している機関なので、誰が行こうが断られることはありえません。なぜなら国は「働け!」と国民に言っているのですから。「働きたいです」という国民を突き放すことはありえないのです。

求人の質に問題があるケースが多いですが、ハローワークのスタッフに自分ができることとどういう仕事がしたいかの希望をちゃんと伝えて、現実的な転職をすることをおすすめします。

転職サイトのメリット

転職サイトのメリットは、自分のやりたいタイミングで転職活動できることです。

転職エージェントから「面談に来てください」と言われて「面倒くさい」と思っている時点で、マンツーマンで転職活動を行うことに向いていないと思います。めちゃくちゃ電話かかってきますし、おせっかいですし、転職エージェントは鬱陶しいですよ笑

転職サイトであれば、自分のペースで転職活動ができます。応募したい求人があれば履歴書を送って自分の都合のいい日時に面接を開いてもらえばいいのです。

スポンサーリンク

「転職力」を測りませんか?

転職力の結果

@typeの「転職力」診断はたった10分で今の状態を丸裸にされてしまいます...。
結果を恐れずに、嘘偽りなく入力してくださいね。

関連ページ