しつこいくらいにIT求人の提案&連絡してくるワークポート

世の中には色々なタイプの転職エージェントがありますが、おそらくトップクラスでIT案件に強い転職エージェントがワークポートです。

面談後、毎日のように届く求人。新着が見つかり次第届くので合計すると100件は直ぐに超えます。

人によっては「しつこい」と感じるかもしれませんが、数多くの求人を見たかったわたしにとっては大変ありがたい提案の仕方でした。実際に利用した体験からワークポート登録後の求人紹介のされかたについて紹介します!

スポンサーリンク

ワークポートとは?

workport

体験談の前に、ワークポートの概要と転職エージェントの仕組みについて紹介しておきます。

ワークポートは転職エージェントです。転職エージェントとは、転職したい人と人を雇いたい企業の仲介を行ってくれる業者。

はじめての転職や業界の未経験者に対して強みを持っています。業界で言うと元々はIT専門の転職会社だったこともあり特にIT業界の求人の割合が非常に高いです。

ですから、未経験の方がIT業界に入りたい時に強くおすすめしています。

転職エージェントの収益のメカニズム

転職エージェントは就職が決定した時点で企業から一定のお金をもらう仕組みになっています。転職する側(つまりわたしたちは)一切お金を払う必要はありません。

もうお分かりの通り、ワークポートの収入源は無料で登録したわたしたちを転職成功させることで発生する企業からのお金です。

ですから、転職者を増やそうという努力するのは当然ですよね。丁寧なコンサルタントや面接対策、書類作成などそれらは全て転職を成功させるためです。

転職したわたしたちと、転職させたい転職エージェント、そしてお金を払ってでも人が欲しい企業、この3者の利害の一致がピッタリ重なって成り立っているビジネスということになります。

求人の提案がしつこくなるのも分かる

転職エージェントからの求人の提案がしつこくなるのもビジネスモデルから考えると理解できる部分もあります。できるだけ多くの提案を行うことで転職してもらえる確率が上がるからですね。

1社だけに絞って転職活動するより、50社を並行で転職活動している人の方が転職成功確率は上がりますよね。

転職エージェントのゴールはわたしたちを転職させることですから、できるだけ多くの求人を提案したくなる気持ちは分かります。

スポンサーリンク

ワークポートの求人提案は実際どんな感じだった?

みなさんの感じているしつこいがどれくらいか分かりませんが、わたしとしては全部で数百件の求人を紹介していただきました。行きたい業界とやりたい内容を明確に伝えていたので、100件くらいで済んだ可能性もあります。

最初のワークポートのコンサルタントとの面談時に20件ほど。その後、新着求人という形で毎日のように10件ずつくらい届くようになります。

workport-mail

これをしつこいと思うかどうかです。わたしはむしろたくさん提案してもらってありがたかったです。

たぶん機械的にマッチングしてる

求人はコンサルタントが目で見て判断しているのではなく、機械的にシステムで条件に合う企業を引っ張てきているのだと思います。

ですから、人の目で求人を選んで欲しい人にはワークポートは向いていないと思います。

わたしの場合は、とにかく多くの選択肢が欲しいなと思っていたのでワークポートとの相性が良かったです。

合わないところは断った

求人が届いたら全部選考に進まないといけないということではありません。自分には合わないなと感じたところは断ればいいのです。

「せっかく紹介してくれたのに・・・」なんて思う必要はありません。自分の将来に関わる大事な転職ですから行ってもいいと思える会社だけを選びましょう。

わたしの場合は「どっちにしようかな」と迷った場合は辞退してました。全部受けても結局行く気がないなら相手の企業にとっても自分にとっても時間の無駄になるだけです。

ワークポートの場合は、選考も辞退もボタンひとつで行えるので特に心が痛むなんてこともありません。

連絡もめっちゃウザい・・・

ウザいというと失礼ですが、書類が通り初め日程の日時調整や面接後の企業の感触など、コンサルタントとの連絡頻度はどんどん高まっていきます。正直面倒くさいなって思います。

逆に言うと、それくらいあちらも必死にサポートしてくれているわけですが。ウザいけど、ありがたいというか。そっけない態度とられるよりは構ってちゃんの方が可愛かったりしますよね。(・・・わたしだけかも笑)

物事には良し悪しがあります。非公開の求人含めてめちゃくちゃIT企業をめちゃくちゃ提案してくれるわけですから、過剰すぎる連絡には目を瞑りました。

求人をたくさん紹介してほしければワークポート

このようにワークポートはわたしたちの希望とスキルをもとに、合いそうな求人を機械的にマッチングして日々紹介してくれます。特にIT業界の求人数が多いのでIT業界を目指す人にとっては最適なサービスだと思います。

非公開求人といって、表立っては後悔していない独自の求人がとても多いので、一般的な転職サイトに載っていないような求人もたくさんあります。

わたしは求人サイトでの転職活動に行き詰まってワークポートに登録したのですが、自分ひとりで調べていた時には見つからなかった求人がほとんどでした。ほぼ弾切れ状態に陥っていたわたしにとっては大変ありがたかったです。

このように、転職の可能性を高めるためにとにかくたくさんの求人を提案して欲しいという方におすすめの転職エージェントがワークポートです。

おまけ : 人の目で紹介してほしければレバテックキャリア

ワークポートが素晴らしかったのですが、機械的な感じは否めません。専任のコンサルタントがつくもののたくさんの求人を提示されるので結局一人で求人を選んでいるような気がします。

もっとも、一般的な転職エージェントはワークポートのようにどんどんとマッチする求人を提案するというスタイルで運営されているわけですが。

ただし例外的に珍しい転職エージェントとして、レバテックキャリアは「その人に本当にマッチしている会社に入社して欲しい」という思いで運営されており、提案される企業も人の目が入っている印象を受けます。

IT業界専門ということでIT業界に強いことはもちろんのこと、コンサルタンのITスキルも結構高めです。IT業界を目指しているなら絶対に登録しておいたほうがいい企業です。

しかし、登録基準が大変厳しいということだけがデメリットとしてあります。

紹介対象者の基準としては以下の感じです。

  • IT業界での実務経験がある方のみ。
  • 実務経験ありでもブランクがあると難しい。
  • 東京、神奈川、千葉、埼玉に在住の方のみ。

このように、かなりハードルが高いのですが、登録自体は無料ですから紹介してもらえたらラッキーくらいの気持ちで登録してみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク

「転職力」を測りませんか?

転職力の結果

@typeの「転職力」診断はたった10分で今の状態を丸裸にされてしまいます...。
結果を恐れずに、嘘偽りなく入力してくださいね。

関連ページ