2chの悪い評判をワークポートで実際に転職した私が解説します

    2017.08.05

ワークポートについて2chで調べると悪評の多いこと多いこと。

転職活動でワークポートをメインで使っていてそれなりに満足していたわたしとしては驚きでした。

実際に内容を見てみると、「たしかにそういうのはダメだったな」と思う所もあれば、「それは自分の問題だろ笑」という的はずれな批判も多くありました。

そこで、実際にワークポートを使って転職した経験から、2chで飛び交うワークポートの悪い評判について解説していきたいと思います。

悪評を知ることで、どういう人がワークポートに向いているかも見えてくることでしょう。

悪評だけでなく総合的な評判が知りたい方はこちらでまとめています。
ワークポートの口コミ&評判!担当者と求人の「質」で選ぶ

スポンサーリンク

「ワークポート 2ch」 での悪評まとめ

「ワークポート 2ch」で調べるとワークポートに対する、たくさんの悪口が出てきます。

読んでいると傾向が似ていたりするので、まとめつつ自分なりに解説していきます。

勧誘がしつこい

勧誘がしつこい
転職サイトに登録してると必ずここのスカウトメールが来る。
○○に登録したら即ここからメール来たんだけど自動送信で送りまくってるのか?
転職サイトに登録してると必ずここのスカウトメールが来る。

他の転職サイトに登録していると勧誘メールがめっちゃくるみたいです。それが鬱陶しいと。

わたしは経験したことないのでどれほどのものか分かりませんが、メールなら無視するか、フィルターかけて目につかないようにすればいいのでは?と思います。

ワークポートは求人の紹介の仕方もそうですが、数撃ちゃ当たるの方針でいますから、営業もそういったストロングスタイルでやっているのでしょうね。

営業のかけ方で嫌いになる気持ちは分からないでもないです。ワークポートさん、営業の仕方、変えたほうがいいですよ!

選考を急かさせる感じが嫌い

求人内容で送られてくるの酷すぎだろって感じ
じっくり待つのではなく、完全に急かしまくられる
数撃ちゃ当たる式でマイペースな自分とペースが合わないからすごいプレッシャーに感じる

ワークポートは面談した翌日からの応募を進めてくださいの圧はすごいです。

そもそも面談時に30社以上の求人を渡されて選ぶところからスタートします。求人の数が多いのはありがたかったですが、選ぶのはとにかく大変でした。

その後も毎日のように候補の求人は増えていくので、まず選考に進むかどうかを選ぶ段階でめっちゃ疲れます。嬉しい悲鳴ではあるのですが、たしかに急かされている感じはしました。

勝手に応募される

面談したら無理矢理20社応募された
しかもほとんど希望職種でないしブラックばっかり
ここって何十社も無差別に応募して、とりあえず受かった所にどこでもいいから放り込んで紹介料をもらうってやりかた?
このエージェント、こちらから応募すると言ってない企業にも勝手に応募していくのな
五十社応募させられて、ブラック十社の面接に行かされた。地獄だった
登録面談の時に「とにかく面接しまくるしかない」という事で30社以上の会社に応募されたけど、結果、入る気のない会社への面接がどんどん増えていくという現状。もうシカトしたい。

勝手に応募されるという意見がかなり多かったです。自分のときはそんなことがなかったので正直意外でした。

望んでもない求人に勝手に応募されたらそりゃイラっとしますよね。しかも、「書類選考通過しましたので、面接に行ってください」なんて言われた日には、「なんで応募する気もない企業の面接に交通費と時間使って行かなきゃいけねえんだよ」って気持ちになること間違いなし。

もし本当に勝手に応募されていた場合は、ブチ切れていいと思います。わたしのときはなかったので、今は改善されているのかもしくは担当によって違うのかもしれませんね。

一方で「応募させられて」系の意見は、ただ単にその人が断らなかっただけの問題なので「勝手に応募させられる」とはちょっと異なります。応募されそうな数が多いなと感じたら断ればいいだけの話です。それを後からグチグチ言うのは子供だと思います。

求人票に給与が書かれていない

何でここの求人票って給与の所をハッキリ書かないの? 求職者が知りたい事の上位3には入る事だろうに。
なんで求人票で給与の所を見えなくするんだよ。一番知りたい事じゃないか。

求人票に給与が書かれていないという苦情が多いのですが、わたしが利用した時は書かれていたような記憶が・・・。

自分は主に仕事内容で選んでいましたが、給与ももちろん見ていました。そもそも2chの口コミにも書かれてますが、給与って転職先を決める上で大事なポイントなので書かれていなかったら確実に気づきます。

ということで、これも謎ですね・・・。人によって表示する部分を変えているのでしょうか?

お祈り理由が分からない

不通過の案内メールすら来ない 他社エージェントは簡単な理由添えてメールなりメッセージなり寄越すけどね
紹介求人に応募すると、2ヶ月も放置されたあげく、マイページに 不採用の表示が載るだけ。電話ぐらいして来いや、カス。
ここ書類提出結果って 不通過の時シレーっと小さい文字でいつの間にか書き加えられてるのな 理由もなにも説明なしで…
選考結果の詳細ってざっくりだけど教えてくれるもんじゃないの?
他のエージェントは教えてくれるんだけどな 教えてくれないにしても一言ご連絡メール寄越すでしょ
何個か前のレスにあるけど落選理由教えてくれないのは不信感が募るよね
他の転職エージェントは不採用になった場合、不採用の理由も教えてくれるけど、ここはしない
だから次回の面接対策が打てないし、改善点もわからないから改善のしようがない

ワークポートに登録すると、eコンシェルという独自の転職活動のシステムを利用できるようになるのですが、これがまあ無機質でした。

対象となる求人がズラ~と並び横にある「応募する」ボタンを押すことで採用を進めることができます。

ボタンを押したら後は放置でOK。書類選考が通過すると嬉々としたテンションで電話がかかってきます。しかし、お祈りされた場合はなんの連絡もなく、久しぶりにeコンシェルを開くと「採用不可」といったような表現で、お祈りされています。選考に落ちたことがそこで分かります。落ちた理由についてはハッキリとは教えてくれません。

まるで、落ちるやつには用はないといった感じで、ここの部分は確かに無機質で寄り添っていないなと思いました。

担当者が若い

担当の子声かわいかったけど、必死感伝わってダメだった。
担当者が若い

たぶん2chに書き込んでいるのはおじさんだと思うのですが、自分の知的水準やコミュニケーションの水準が高くなってしまっているがゆえに、担当が若いと満足できないのだと思います。

個人的には2chに文句垂れ流すおっさんのモラルもどうかと思いますが・・・。

それはさておき、ワークポートのコンシェルジュは確かに若い人が多いです。若い自分が電話していても言葉の端々から「若いなぁ」と感じることが多々あります。たぶんおじさんには満足いかないレベルの人もいるでしょう。

それでも一生懸命さは伝わってきて、微笑ましくなります。自分のために頑張って転職を成功させようとしてくれる気持ちだけで自分はありがたかったです。

ワークポートは、文句言うのが好きなおじさんには向いていないかもしれませんね。どうぞ高年収のハイクラス系の転職エージェントをご活用ください。

転職サイトでは通った

ここ経由で書類通らなかった企業が 後日別の転職サイトで募集してたから応募したんだけど あっさり書類通過したよ? 仕事して下さいよ~ワクポの中の人!
応募して一度も書類通らないのココだけだわ
ココで不通過だった会社、他のサイト経由で応募したら書類通過したよ?
ちゃんと仕事しろ

わたしは、転職エージェントと転職サイトは完全に切り分けて活動していました。どういうことかと言うと、転職エージェントは転職サイトにない求人だけを補うために活用する、という使い方です。

転職サイトにある求人をわざわざ転職エージェントから応募するほどバカなことはなく、転職サイトにあるのなら転職サイトから応募したほうが採用確率はグッと高くなります。

なぜなら転職エージェント経由で採用した場合に企業は手数料として100万以上を転職エージェンに支払う必要があるからです。同じレベルの人材が転職サイト経由と転職エージェント経由で応募してきた場合、転職サイト経由の人が選ばれるのは自明ですよね。転職エージェントを使うということは自分の後ろの見えないところで100万円が上乗せされていることを覚えておいてください。

要するに100万円を上乗せしてでも自分は欲しがられる人材かどうかってことです。

この2chのケースで言うと、転職エージェントから書類通らないけど転職サイトから通るのは、その企業が転職エージェントで積極的に採用活動を行っていない可能性が高いですね。別に転職エージェントに文句言わずに転職サイトから応募して選考したほうが自分のためでもあります。

なぜ広告がアニメキャラ・・・

なぜ広告がアニメキャラ…

そこはええやん別に・・・。

スポンサーリンク

ワークポートに不満を抱く人の特徴

2chでのワークポートの悪評をまとめたところで、どういう人がワークポートに不満を抱くかが見えてきました。

わたしは比較的満足して活用していたので、おそらく感覚が自分とは逆の人でしょうね。いくつかジャンルを分けて見ていきましょう。

ちゃんとおもてなしして欲しい人

ワークポートの担当者はコンシェルジュって表現されます。というか自分たちで呼んでいます。

コンシェルジュって聞くと、執事のようなお客様のことを最高にもてなす役割という認識ですよね。この名前にしていることが自分たちの首を締めている感もありますが、コンシェルジュならちゃんとお客様を満足させろと。

ちょっと不満があると、子供のように駄々をこねる人がいるように感じます。これはワークポートだけでなくほかの転職エージェント利用者にも言えることです。

大人であれば転職エージェントに頼りっきりになるのではなく、「どれ、使ってやってみるか」くらいの軽い気持ちで利用するのがいいでしょう。そもそも無料なのですから、あれもこれもと過度に期待しすぎることが論外だとわたしは思うのです。

自分の意思を伝えられない人

数十社「応募させられた」という表現が多くて驚きました。ワークポートには圧迫的に「応募しろ!」と詰め寄るようなやり方はしていません。つまりは、「応募したほうがいいですよ」という提案に対して、「応募してみます」と応募したはずです。にも関わらずあとで「応募させられた」という表現をすると言うことは、人とのコミュニケーションが苦手、ここでいうコミュニケーションとは自分の意見をちゃんと伝えるという意味です。

日本人はどうしても他人との衝突を避けようとします。これ言ったら嫌われるんじゃないかなと。応募したくないなら断ればいい話ですよね。その場でOKしてしまってもやっぱり面倒くさいと思ったら電話で断ればいい。

わたしも面談時に、「できるだけ多く受けた方がいいです。とりあえず全部応募してみましょう」と言われましたが、「求人内容をちゃんと見てから決めます」というごく当たり前の回答をして帰ってきました。

転職エージェントに身を預けていては、思ってもないような企業に転職することになりますよ。ちゃんと自分の意思を伝えましょう。

自分の価値を高く見積もっている人

コンシェルジュが若い、気に食わない、マナーがなっていない、など、いかにも老害な意見がありました。年齢高めのプライド高いおじさんにワークポートは向いてないと思います。

なぜならワークポートがメインのお客さんと捉えているのは転職経験の浅めの若い世代なので。

年相応の転職エージェントを探すことをおすすめします。

機械的な求人紹介は嫌な人

ワークポートの求人紹介はとても機械的です。面談等でわたしたちの基本情報をパソコンに入力したらあとは機械が自動的に求人を引っ張ってきてくれます。

それを一覧でeコンシェルというワークポートの独自サイトにピックアップされていく感じですね。わたしたちはピックアップされた求人の中から選考に進みたい求人の「応募する」ボタンを押して進めていくためかなり無機質です。

他の転職エージェントでは、わたしたちに寄り添ってコンシェルジュの目で見て厳選した求人を1社ないし2社ほどだけ紹介しくれるような転職エージェントもあります。

膨大な量の求人に囲まれたいか、厳選した2社程度の求人から選びたいか。これは単純に好みの問題ですが、ワークポートは機械的な方の転職エージェントですので無機質な求人紹介が嫌な方は向いていません。

ワークポートのいい評判

2chのワークポートのスレッドには約9割が悪評で悲しくなったのですが、1割ほどよい評判もありましたの、こちら紹介します。

コンシェルジュを求人紹介マシーンとして使う

ワークポートとかを使うメリットってなにがある?
コンシェルジュを求人紹介マシーンとして使うぐらい。

わたしと同じ感覚の方がいて思わず笑ってしまったのですが、ワークポートにかぎらず転職エージェントは全部これです。要するに転職サイトで掲載されていない求人にアプローチできるのが転職エージェントの唯一のいい面だとわたしは思っています。

ですから、「紹介される求人が多すぎる」とか「機械的に求人を紹介されるのが嫌」とかいう意見がありましたが、わたしから言わせると、「それがメリットだろ!」と思っています。

極端に言うと、求人情報さえ教えてくれたら後は別に面談の日程調整とかしてくれなくても自分でやりますよといった感じ。転職サイトだけだと世の中にあるすべての求人にアプローチできないので、転職エージェントが抱える非公開求人を組み合わせてできるだけ多くの求人を見ることが目的ですね。

わたしがワークポートを選んだのは、全部の転職エージェントの中でIT系の求人が一番多い & 未経験(異業種)の転職を受け入れてくれるからです。

ステップアップするための入り口

ここがきっかけできまった会社で積んだキャリアのおかげでどんどん大手に移動できた。
そういう意味では感謝してる
レバテッ○キャリアみたいな経験者がキャリアアップするところに行く為って割り切らなきゃだめだよここは
正直、ここは異業種からIT系、SIからweb系に転職して職歴や経歴をつけるということに関してのみメリットがある
あとはスピード、本当に最短でいくとマジで1~2週間で内定取れるくらいスピード感があるから、がちがちのプロとかすごいキャリアみたいなのは使わないほうがいいが
職歴荒れてるとか給料安くてもいいからとにかくIT系につきたいとかならおすすめ
もともとIT系なんて何年も同じ会社にいること自体が珍しい業界だし

みなさまの今の状態が分からないため当てはまらない部分もあるかと思いますが、自分のケースで言うと、わたしは未経験からSEを目指して転職活動を行っていました。

未経験からのSE転職と言えばお察しの通り、そんなに恵まれた環境に移れるわけはないかなという印象でした。

ワークポートは未経験からのIT転職に強く、わたしの作戦としては、とにかくまずはSEになること。そして、経験を積んだ上でステップアップ転職する狙いでワークポートを活用していました。

結果的に、はじめから素晴らしい会社に転職できたのでラッキーでしたが、未経験からの転職の心構えとしては、ステップアップするための土台くらいの感覚で転職エージェントを活用するのがいいかと思います。

担当が可愛いから頑張れる

担当が可愛くて一生懸命だから俺はここをひいき目に見てしまうぜ
誰とは言わんが俺の担当も可愛いぜ!でもいろいろ迷惑かけてすまん

最後にちょっとゲスな評判ですが、男であれば女性から応援されると嬉しいものです。しかも可愛ければなおさら。

わたしに担当してくれたコンシェルジュも可愛い方で、面談のときは内心でガッツポーズしていました笑
わたしがワークポートで転職した話

一生懸命さが鼻につくおじさんは放っておいて、若者は若者同士で励まし合いながら頑張りましょう!(書いていて結構気持ち悪いですね・・・。)

ワークポートに向いている人

2chの悪い評判といい評判の総括として、ワークポートに向いている人の特徴をまとめます。

年代 → 20代、30代

まず年代。

「はじめての転職」「未経験からの転職」に強いワークポートは、20代、30代の人をメインのお客様と設定しているはずです。

2chの意見でおじさんが不満を抱いていましたが、仕方ないことですね。

子供向けに作られたおもちゃで大人が同じように楽しめるかといったらそんなことはないですよね。楽しめる部分もあるかもしれませんが、大抵は別の遊びをしたほうが大人は楽しいはず。

それと同じで、ワークポート自体が比較的若い世代をターゲットにしているので、そこに見合わない人が不満に思うのは仕方のないことなのです。

逆に若い人はワークポートとの相性がいいかもしれません。ちなみにわたしは28歳の時に利用してそれなりに満足しています。

業界 → IT業界

ワークポートでおすすめの業界ですが、断トツでIT業界です。すべての業界を扱っていると言っていますが、メインで抱えていて約8割ほどがIT系の求人だと言われています。

IT業界を目指したい方はワークポートを活用してみてください。

はじめて、未経験

何度も転職している人や、経験値バリバリでステップアップの転職したい人よりは、転職がはじめての人や、未経験だけどIT業界に入りたいといった人にワークポートが向いています。

たくさんの求人を紹介して欲しい

ワークポートの面談に行くとわかりますが、恐ろしいほどの求人を紹介されます。

あまりに多いのでプレッシャーに感じる人や、機械的で無機質だから嫌だという人もいますが、できるだけ多くの求人にアプローチして選びたいという人にはワークポートが向いています。

転職サイトだけでは探し出せない求人もたくさんあるので、逆にどれを選考に進めようか迷うほどです。

転職エージェントを一つの選択肢として考えられる

ワークポートに限った話ではないですが、転職エージェントに依存してしまう人は危険です。おそらく、口車に乗って当初の自分の考えとは全然違うような企業に転職してしまうことでしょう。

理想は、転職サイトを転職活動の軸にしつつ、そこには掲載されていない求人で良さそうな企業があれば応募してみる、といった感じですね。

転職サイトにも転職エージェントにもある場合は転職サイトから応募したほうが採用確率は高いです。

2chでの好き勝手な評判からワークポートがどういうところかある程度見えてきたかと思います。良い面、悪い面を頭に入れた上で、転職活動の「おまけ」程度の立ち位置で活用するときっと上手くいくことでしょう。

スポンサーリンク

「転職力」を測りませんか?

転職力の結果

@typeの「転職力」診断はたった10分で今の状態を丸裸にされてしまいます...。
結果を恐れずに、嘘偽りなく入力してくださいね。

関連ページ