SIerとSEは似てるけどちょっと違う!SIerは「企業」でSEは「人」

SE業界で転職活動しているとしばしば耳にするSIerという言葉。

意味を調べてみると、間違い探しのようにどこに違いがあるのかを探す方が大変といった感想を持つ方が多いかと思います。

実際に、意味としてはほとんど同じです。ただ、微妙に違う部分があるのでそこの部分を解説していきます。

スポンサーリンク

SIerは「企業」でSEは「人」

SIerとSEの違いを最も簡単に表すと、

  • SIerは「企業」
  • SEは「人」

両者とも、「システム開発する」という目的は同じですが、一人称が異なります。

SIerをWikiで見てみると、以下の通りです。

システムインテグレーター(英: System Integrator)は、個別のサブシステムを集めて1つにまとめ上げ、それぞれの機能が正しく働くように完成させる「システムインテグレーション」を行なう企業のこと

システム・インテグレーションとは、企業を相手にシステムの構築を行うことを指します。つまり、システム開発を行う企業のことをSIerと呼ぶわけです。

一方でSE(システムエンジニア)をWikiで見てみましょう。

日本では通常、コンピューターシステムやコンピューターソフトウェアの設計等に携わる技術者という意味で使用されており、プログラムの設計図とも言える「仕様書」の作成に携わるを指す場合が多い

システム開発に携わる人のことを、日本ではSEと呼ぶ、という説明がされています。

つまり、システム開発を行うという役割は同じではありますが、その単位が「企業」なのか「人」なのかで呼び方が違うというだけの話ですね。

言葉の使い方とし分かりやすく表現すると、

「SIerで働く」と「SEとして働く」という違いになります。ちなみに、SIerで働いている人はSEです

スポンサーリンク

SIerは業務形態で細分化され、SEは仕事内容で細分化される

SIerは「企業」を指し、SEは「人」を指すということを説明しました。

SIerをさらに細かく分けると、企業の業務形態に関する分けられ方をします。一方でSEをさらに細かく分けると、仕事内容での細分化になります。

このあたりを詳しく見ていきましょう。

SIerの3つの分類。「独立系」「ユーザー系」「メーカー系」

SIerは会社の成り立ち方でさらに3つに分類できます。

  • 独立系
  • ユーザー系
  • メーカー系

言葉だけ見ても何も分からないと思いますので、それぞれの意味を見ていきましょう。親会社がどの業界かによっての違いになります。

独立系

独立系は、親会社を持たずに経営している独立したSIerです。仕事を取ってくる営業からシステム開発まで全部を自社で行う場合が多く、社風はバリバリやる体育会系です。

頑張った分だけ年収が上がる傾向にあり、バリバリ働いてガンガンお金を稼ぎたい人には向いているかもしれません。

一方でブラック企業が多いのも独立系なので転職先を選ぶ際には注意して選びましょう。

メーカー系

メーカー系は、メーカー系の親会社を持つSIerです。具体的には、日立とか富士通とかNECとか東芝とか、そういった企業の子会社ですね。

ユーザー系

ユーザー系は、保険や金融系の業界を親会社に持つSIerです。親会社への依存度が高い傾向にあります。営業を行うことがほぼないため、社風は文化系でシステム開発会社の中でも「まったり」した雰囲気があります。

ただし、ユーザー系の中にも野村総合研究所といった親会社に依存せずに独立系のような形態の企業もあります。こういった企業はバリバリの体育会系です。

ユーザー系(メーカー系もそうですが)を選ぶ際は、親会社への依存度をチャックしておくといいかもしれません。

「独立系」「ユーザー系」「メーカー系」について更に詳しく知りたい方はこちらから
→ 独立系・メーカー系・ユーザー系SIerの違い

SEの分類は、〇〇エンジニア

SIerが企業の形態で細分化されたのに対して、SEは仕事内容で細分化されていきます。

有名なところで言うと、

  • アプリケーションエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • データベースエンジニア
  • セキュリティエンジニア

といったところでしょうか。名前からだいたい仕事内容はイメージできるかと思いますので、詳細は割愛します。

SEを分ける際は、システム開発のどこの仕事を請け負うかで分けられます。

どちらもシステム開発する

SIerとSEの違いを説明してきましたが、ぶっちゃけ意味を知っていようが知らなかろうが大きな問題はありません。SEとして働いている人の多くも知らないでしょう。

SIerは企業でSEは人という説明をしました。結局、SIerで働いている人はSEな訳です。逆にSIerではないSEは、IT業界以外の会社の中で働いている社内SEしかいません。

なので、SIerであればSEだし、SEであればSIerな訳です。

頭がこんがらがってきた人がいたらすみません・・・。

とりあえず、SIerはシステム開発する会社でその中で働く人はSEという風に覚えておくといいでしょう。

スポンサーリンク

「転職力」を測りませんか?

転職力の結果

@typeの「転職力」診断はたった10分で今の状態を丸裸にされてしまいます...。
結果を恐れずに、嘘偽りなく入力してくださいね。

関連ページ