転職の時期やタイミングはどう選べばいい?

スポンサーリンク

採用されやすい時期がある?

一般的に企業側の採用ニーズが高まる時があり、この時期に受ければ、面白い様に採用が決まったりもします。

採用されやすい時期は面白いように採用通知をもらえていたのに、少し時期がズレるだけで書類選考すら通らなくなることがあります。

採用基準の基本はその人の能力や会社に合う合わないで選ぶわけですが、前提として企業が募集していなければ応募すらできないわけですよね。

採用されやすい時期

採用されてやすい時期とは言い換えれば、企業が人材を欲しくなる時期です。積極的に人を採用する動きが見られるため、内定をもらいやすくなります。

一般的に3~4月9~10月は年度切り替えに伴う退職者の補充や新規事業のスタートで採用が決まりやすいと言われています。

自分の経験則で恐縮ですが、4月~5月も新卒をなかなか確保出来なかった企業が焦って募集している事もあり、採用されやすい時期だと思います。5月病という不治の病もありますからね・・・。

年度が1月を挟んで切り替わった年初も、「さあ、これから気持ちを切り替えて新しい事を始めよう!」という企業も多く、これらの時期は採用がされやすかった記憶があります。

応募が増える時期に備えて時期に備えて、転職活動を進めていくことが大切です。

スポンサーリンク

退職日を決めて逆算するといい

転職する日を決めたら、その日を基準に逆算して転職活動を始める日を決めましょう。

転職活動の期間は、3か月が目安です。

4月1日での転職を考えているのであれば、3か月前の1月から転職活動を始めると良いでしょう。

転職活動は基本的には短期勝負です。期間を決めずにダラダラ進めるとお金もモチベーションも下がる一方です。

「3ヶ月以内に絶対に内定を決める!決まらなければ諦める!」くらいの勢いて転職活動をすると、モチベーションを維持したまま転職活動を進められるので決まりやすいのではないかと思います。

わたしがお世話になった転職エージェントのワークポートでも同じようなことを言っていました。
→ ワークポート体験した感想!未経験からSEに転職した話

自分の中で退職日(転職先へ入社する日)を決め、3ヶ月を目安に短期勝負で活動することをおすすめします。

有給やボーナス日も視野に…

有給やボーナスの出る時期などもしっかり考えておきましょう。

「あと半月でボーナスが出る」というタイミングで転職してしまうのは、「もったいない」とわたしは思います。ボーナスって数十万もらえますからね・・・。わたしはボーナスの時期を意識して退職日を決めました笑

会社の社風にもよるかもしれませんが、辞める前にまとめて有給が使えるならその期間も考えると良いでしょう。14日くらい残っているなら全部消化すべきですし、その権利があります。

「退職希望者の場合は、有給は取れない。」「有給はうちの企業で働くために休暇として取るものだ。」などの適当な理由を述べられたりします。有給の日数は会社の雰囲気を見ながら折り合いを付けて決めるといいでしょう。ギスギスしたまま辞めるのはあまりおすすめできません。

わたしの経験として、最後に有給を押し込んで取ろうとした場合も最初は小言を言われましたが、「新しい気持ちで次の職場に行きたい」「気持ちの整理を付けたい」と言う事を言えば、不思議と断られませんでした。

円満退職したいなら

3つポイントがあるので1つずつ説明していきます。

退職理由は今の会社で実現できないこと

円満退職を考えた時に、退職理由の伝え方として会社の辞め方と退職に必要な手続きの「辞める理由は正直に話す?」でも書いていますが、

今の会社では実現できないこと × 自分がどうしてもやりたいこと

を理由として伝えると、納得されやすいです。

例えば、わたしはスーパーで働いていましたが、「プログラミングがしたい」と伝えると、「まあ仕方ないか・・・頑張れよ!」と送り出してくれました。最近でもたまに飲みに行くほどお世話になった店長とも仲がいいです。

伝えるタイミングは遅くとも1ヶ月前

伝えるタイミングも気を付けなくてはなりません。

遅くとも1ヶ月前です。就業規則に書いてあるからでもあるのすが、それ以上に周りの人に迷惑をかけないようにという理由が主です。

辞めるということは、自分がこれまでやってきた仕事を誰かが代わりにやることでもあります。急に辞めてしまうと、1人分の仕事が他の人に重くのしかかることになります。

1ヶ月は、自分の仕事をバトンタッチするための準備期間です。仕事の内容を引き継いだりお客様へ退職する旨の連絡など、自分がいなくなっても問題なく仕事が回るようにするための期間を用意しておかなければなりません。

「転職先が決まったので明日から辞めます」といった非常識な行動はやめましょう。

お礼

上司、先輩、チームメンバー、同僚、その他お世話になった人。仕事に関わった人たちには何かしらの恩があります。

どの人まで感謝の気持ちを伝えるかは自分の中で線引きすればいいですが、感謝の気持ちを伝えるという姿勢は忘れずにいましょう。

お礼を言われると嬉しいものです。お菓子などをプラスするともっと喜ばれます。

家族とも相談

家庭の承諾なしに勝手に転職するなど、もってのほか。

家族になった時点で財産を共有しているわけです。会社から入ってくるお金は自分だけのものではなく、家族全体のお金です。

会社が変われば給料も変わりますし、働き方も変わります。

転職のタイミング、時期は家族でよく相談し、納得できる形で行うのが一番です。

そいういのが面倒くさいと思うのであれば結婚が向いていないので離婚しましょう。

まとめ

転職する時期の決め方について紹介しました。

わたしはボーナスの時期で決めたわけですが、採用ニーズが高まる時期で選ぶことが一般的です。

スポンサーリンク

「転職力」を測りませんか?

転職力の結果

@typeの「転職力」診断はたった10分で今の状態を丸裸にされてしまいます...。
結果を恐れずに、嘘偽りなく入力してくださいね。

関連ページ