リクルートエージェントに断られた理由と次に選ぶべき転職エージェント

リクルートエージェントは大手の中では一番間口の広い転職エージェントです。

ここに断られた場合、大手の中だとDODAがギリ候補に上がるくらいで、あとは中小の転職エージェントにアプローチするしかありません。

リクルートエージェントに断られる理由と、リクルートエージェントに断られた次に登録すべき転職エージェントについて紹介していきます。

スポンサーリンク

リクルートエージェントに落ちる理由

基本的に普通に働いていれば登録することはできます。ただし、物理的な条件によってはサポートを断られるケースがあるようです。

年齢が高い

リクルートエージェントはどの年代でも応募できますが、一般的な転職市場を考えると、若い年代の方の需要があります。

転職エージェントとは、わたしたちを転職させて初めて報酬が入るわけで、転職させやすい人材から選んでいく傾向にあるのです。

基本的には20代から30代をメインのターゲットにしており、40代以降は実績やスキルを求められるためキャリアに自信がないと難しいかもしれません。

面談場所から遠い

リクルートエージェントに登録すると直接対面して面談を行います。

地方で面談場所から遠い方は電話での面談もできるはずですが、

転職エージェント側の優先順位としては、

直接面談 > 電話面談

なのです。

担当するスタッフに余裕があれば電話面談でのサポートもしてくれるでしょうが、サポートする転職者の人数が多すぎて「これ以上サポートできない」という状況であれば、遠方の人から順番に断られることになります。

企業への紹介が難しそう

抽象的に表現になってしまいましたが、「企業への紹介が難しそう」と判断されると断られます。

例えば、

  • 30代前半
  • 就職経験なし
  • バイト経験もなし
  • 中卒
  • 資格なし

みたいな方ですと、まずは簡単なバイトから始めましょう・・・、となりますよね。

リクルートエージェントに登録すると、履歴書と職務経歴書の提出を求められます。

最大限のアピールをして自分は「転職するに相応しい人間だ!」ということを伝えると、断られる確立も低くなります。

スポンサーリンク

転職エージェントの難易度ランキング

当サイトでは、転職エージェントに登録する上での難易度ランキングを作成しています。

以下がランキングですが、リクルートエージェントはAランクです。つまり、登録しやすい転職エージェントであることが分かります。

【Sランク】
ここに断られたら終わり
ワークポート、ハタラクティブ
【Aランク】
普通に正社員で勤務していれば断られることはまずない
リクルートエージェント、DODA、Type転職エージェント、パソナキャリア
【Bランク】
書類選考に通りそうかを基準にされる
マイナビ転職エージェント
【Cランク】
ハイクラスの人材だけ
JACリクルートメント、アデコ、ビズリーチ
【Dクラス】
ジャンル限定のステップアップ転職の人だけ
レバテックキャリア

参考 → 転職エージェントを登録の難易度で比較!

リクルートエージェントに断られたら登録すべき転職エージェント

Aランクのリクルートエージェントに断られた場合に次に登録すべき候補に入るのは、同ランクの「DADA」。

もしくは、Sランクの「ワークポート」や「ハタラクティブ」になります。

下から順番に攻めていくことがセオリーですので、まずは「DODA」。

次にワークポート、ハタラクティブに登録するといいでしょう。

中でもわたしがメインで利用していたワークポートはおすすめできます。

困ったらご活用ください。

ワークポートのおかけで転職できた話

まとめ

リクルートエージェントは、転職エージェントの中でも登録しやすいです。

しかし、条件に合わない場合は断られる可能性もあるため、

断られた時の次の転職エージェントを考えておくといいでしょう。

転職エージェント難易度ランキングを参考に、転職エージェントの支援が受けたい方はより難易度の低いところを中心に登録すると無駄がなくて済みます。

スポンサーリンク

「転職力」を測りませんか?

転職力の結果

@typeの「転職力」診断はたった10分で今の状態を丸裸にされてしまいます...。
結果を恐れずに、嘘偽りなく入力してくださいね。

関連ページ