無料で勉強!しかも転職サポート付き!プログラミングのスクールまとめ

今やプログラミングは、お金を払って学ぶ時代ではありません

無料で支援と聞くと真っ先に思い浮かぶのがハローワークが行っている「職業訓練」ですよね。一昔前は、職業訓練で勉強するか独学で勉強するかの2択しかありませんでした。しかし最近では、多くの民間の企業が無料でプログラミングを学べる環境を作ってくれています。

プログラミングを勉強したいなら、無料のスクールを活用しない手はありません。自分で勉強するより知っている人に教えてもらったほうが学ぶスピードは早いです。これはSEに就職した今もわたしが一番大事にしている考え方です。「分からないことは知っている人に聞いた方が早い。」

ということで、無料のスクールで講師を質問攻めにしてやりましょう!

スポンサーリンク

就職先を選べる無料スクール

「無料でプログラミンを勉強させてもらって、かつ就職先も自分で選びたい!」

そんな虫のいい話はないように思えますが、実際にあります!

ハローワークの職業訓練がそうであるように、転職支援の会社が運営しているスクールもそういった傾向にありますね。

ゼロから学べるエンジニアスクール

転職支援会社であるワークポートが運営している無料スクールです。ワークポートについては、わたしが転職する際にお世話になった転職エージェントで当サイトでも度々紹介させてもらっています。
参考:ワークポート体験した感想!未経験からSEに転職した話

もともと未経験者に寄り添ってくれる会社だったのですが、ここに来てさらに支援を手厚くしてくれています。

卒業後の転職は、本業?である転職エージェントの力を借りることができるので、

無料でプログラミングを勉強させてもらって、転職活動はプロにサポートしてもらう

という2つの最強の武器が掛け合わさった感じで、とても心強いです。わたしが転職活動する前に誕生してほしかった・・・。

求人数 15,000件以上
言語 要問い合わせ
場所 東京
年齢 要問い合わせ
転職サポート あり
運営会社 株式会社ワークポート

プログラマカレッジ

ワークポートと同様に人材支援を行う会社が行っている、無料スクール。卒業後は、転職支援をそのまま受けることが可能です。

求人数 3,000件以上
言語 Java、PHP、Ruby、HTML、Perl、PL/SQL
場所 東京
年齢 29歳以下
転職サポート あり
運営会社 インターノウス株式会社

無料の学校

ホームページがナウでヤングでカッコいいわたしの好きなデザインです!(わたしの言葉が古くてすみません・・・)

特徴としては、プログラマーのコースだけでなく、ネットワークエンジニアのコースもあること。ネットワークエンジニアを目指すのであれば、ここ以外は選択肢はないでしょう。

講義の時間もたっぷり300時間。時間を惜しむことなくわたしたちに力を注いでくれる点に好感が持てますね。

卒業後は、運営会社が提携する企業への紹介が主となっています。ただし、提携企業の具体名はホームページ上には掲載されていないので、気になる方は受講前にご確認ください。

求人数 記載なし
言語 Java、HTML、CSS
場所 東京
年齢 18歳~38歳まで
転職サポート あり
運営会社 株式会社ドリーム・シアター

無料PHPスクール

キラキラしすぎるサイトが特徴的な無料PHPスクール。名前の通り言語はPHPに特化しています。

23日間というめちゃくちゃスピード感のある講義が特徴で、卒業後は運営会社が提携する企業へ紹介していもらえます。

その紹介企業がHPでは公開されていないので、事前にどういった会社が候補としてあるのか、確認しておくといいでしょう。

求人数 記載なし
言語 PHP
場所 東京
年齢 要問い合わせ
転職サポート あり
運営会社 株式会社ドリーム・シアター

A-Square(エイスクエア)

Webサービスとスマホアプリが学べる無料スクール。ただし、30歳以上は有料となりますのでご注意を。

無料でスマホのゲーム開発が学べるスクールはここだけじゃないですかね?他に見たことがありません。

「これからはスマホゲームの時代だ!」という熱い思いのある方は、A-Squareに問い合わせみるといいでしょう。自分でゲーム作れるってなんか凄いですよね。

求人数 記載なし
言語 Java、PHP、Ruby、Python、HTML、JavaScript、Unity、JQuery
場所 東京
年齢 18歳~29歳以下
転職サポート あり
運営会社 エイ・フォース株式会社
スポンサーリンク

運営会社へ就職するタイプのスクール

運営会社へ就職するタイプのスクールからです。未経験者を雇うとなると、当然教育するための研修費用が会社が負担することになりますよね。どうせお金を使うのであれば、研修も兼ねて無料のスクールという形でやっちゃおう!というのが運営会社へ就職するタイプのスクールです。

会社側のメリットとしては、どうせ教育費用として使うはずのお金で、

  1. 無料で学校なんて凄い!という広告の意味合いと、
  2. 人を集める集客の意味合いの、

2つのメリットがあるからやっているということですね。

それでは、運営会社へそのまま就職するタイプのスクールを見ていきましょう。

0円スクール

名前の通りでインパクトのある会社ですね。全国にスクールがあり、無料スクールの規模としては一番です。

卒業後は、運営会社である「株式会社バンキング・システムズ」へ入社する人が9割とかなり高く、おそらく「入社したい!」という意思表示さえすれば入れるのだと思います。もちろん断ることも可能です。

「ORACLE MASTER」の資格支援も行なってくれます。Javaは、SEの現場ではもっとも有名が言語ですので、最低限押さえておくといいでしょう。

言語 Java
場所 東京、札幌、大阪、仙台、神戸、福岡
年齢 18歳以上35歳以下
転職サポート あり
運営会社 株式会社バンキング・システムズ

ITプロ育成スクール

Javaだけに限らず、HTMLやCSS、JavaScriptといったWeb系の言語も学ぶことができます。開催場所が福岡だけなので、行ける人は限られてしまいますが、近くにお住まいの方はぜひ、参加してみてください。

卒業後は、運営会社であるメディアファイブ株式会社への就職が一般的な流れとなります。

言語 Java、HTML、CSS、JavaScript、SQL
場所 福岡
年齢 要問い合わせ
転職サポート あり
運営会社 メディアファイブ株式会社

プログラマースクール

漫画での紹介がとても読みやすく最後までスラスラ読めちゃいました。

学べる言語はJavaで場所は東京となります。9割以上が運営会社への就職です。

入社が決まれば「ORACLE MASTER」の資格支援も受けられたりと、継続したサポートも行なってくれます。

言語 Java
場所 東京
年齢 18歳以上35歳以下
転職サポート あり
運営会社 株式会社グッドワークス

なぜ無料?開講する企業の考えとは

無料で勉強できるなんてわたしたちからするとメリットしかない訳ですが、なぜ無料で開いてくれるのでしょうか?

答えは簡単で、企業にもメリットがあるからです。

  • 人材紹介会社が開くパターンと
  • IT企業が開くパターン

を紹介しました。ちょっと意味が違うのでそれぞれで解説していきます。

人材紹介会社のメリット

そもそも人材紹介会社は、転職希望者であるわたしたちに対して無料で支援してくれます。転職先の紹介から、面接対策や日程調整など。

これは、転職が成功した際に企業からもらえる手数料で成り立つビジネスだからですね。例えば、わたしが人材紹介会社を通じて年収300万円の企業に転職が決まったとして、その人材紹介会社に入るお金はおおよそ100万円です。

人材紹介会社はこのお金を目当てに支援をしてくれるわけです。
この辺の仕組みについては以下で詳しく紹介しているので目を通してみてください。
転職エージェントはなぜ無料?

ここまで説明するとなんとなく分かってきたかもしれませんが、人材紹介会社が無料でスクールを開講する理由は、わたしたちの転職成功確率を上げるためです。

知識のない未経験者を転職させることはめちゃくちゃ困難ですが、スクールを卒業したという実績があれば紹介がめっちゃ楽になります。無料でスクールを開いても儲かるだけの額を転職先の企業からもらえるということでしょうね。

といった、裏のお金の事情があるわけですが、当然わたしたちはそんなお金の流れなんか無視して、「無料で受けられるんだ。ラッキー」くらいの感覚でいるのがいいと思います。変に気を張って「絶対に転職を成功しなきゃ!」と思う必要はありません。

IT企業のメリット

無料のプログラミングスクールを開くIT企業は、基本的には研修の前貸しをしているような状況です。

知識ゼロの未経験者を雇ってもどうせ同じくらいの研修期間が必要になります。であれば、先にスクールを開いた方が、企業としては2つの意味でメリットがあるのです。

  1. 人を集めやすい
    求人に出してもあまり人は集まってくれません。「無料で受けられるスクールがあるよ!」という名目を作れば、効率よくプログラミングに興味のある人を集めることが可能ですよね。
  2. 研修を終えた状態で採用できる
    無料スクールはIT企業にとって研修の前貸しみたいなものと説明しました。企業側にとってこの前貸しのメリットは、研修を終えた状態の人を採用できる点です。IT業界で1番と言っていいほど大事な要素が「適性」です。合わない人は本当に苦痛で、研修中に辞めてしまいます。

    そういった適性を見極めつつ、最後まで勉強し続けられる「適性」のある人をそのまま雇えるという点が、最大のメリットです。

この仕組を考えた人は凄いですね・・・。
IT企業が開くスクールでわたしたちが注意しないといけないのは、卒業後の転職先の選択肢がほぼほぼ運営企業になってしまうという点です。受講前にどういった会社なのか、しっかりと調べた方がいいかもしれませんね。

まとめ

無料で勉強できて、そのまま転職できるなんて、いい時代になりましたね。これも広く見ると、売り手市場であることが要因として挙げられるわけですが。

プログラミングスクールに通おうと思ったら、普通だったら数十万円かかります。それが無料で受けられる今は、どれだけ恵まれた状況にあることか・・・。

未経験からエンジニアへの転職を目指している方は、独学もいいですがこういった無料のスクールに通うと効率的に勉強できます。何度も言いますが、分からないことは知っている人に聞いたほうが早いですよ!

スポンサーリンク

「転職力」を測りませんか?

転職力の結果

@typeの「転職力」診断はたった10分で今の状態を丸裸にされてしまいます...。
結果を恐れずに、嘘偽りなく入力してくださいね。

関連ページ