転職エージェント

ワークポートの求人はブラックだらけは本当?

ワークポートの悪評を見ているとブラックの求人が多いという声が散見されました。
ワークポートの2chの悪評まとめ

実際に自分が使った感覚だと、普通の転職サイトと変わらないレベルで、ハローワークよりは断然マシといった感じです。

ブラックの求人はどの媒体にもあります。ワークポート以外の他の転職エージェントはブラック企業を扱っていないかといったらそうではなく、どこの転職エージェントを利用しようともブラック企業はあるのです。

そこで身につけておかなければならないのは、ブラック企業かどうかを見極めることができる自分の目ですね。

ワークポートでブラック求人を引かないために気をつけたいポイントを紹介していきます。これから利用される方は参考にしていただけると幸いです。

続きを読む

転職エージェントとは?実体験から仕組みを解説!

転職エージェントって転職サイトと違ってなんか胡散臭いイメージがありますよね。わたしも利用する前はこんなの使うやつは情弱だと思ってました。今思えば特に調べもせずにイメージだけの考えだったので偏見以外のなにものでもありませんが。

実際に転職エージェントを体験して転職までした自分が思う転職エージェントの役割であったり、メリットやデメリットについて紹介していきます。

  • 転職エージェントって何やってくれるの?
  • メリット、デメリットは?
  • 転職サイトとの違いって?
  • 転職エージェントってどうやって選べばいいの?

たぶん、転職エージェントは合う合わないがあります。どうせ無料なのでちょっと試しに利用してやろうくらいの感覚がいいのではないかなと思います。

続きを読む

転職エージェントに断られた!登録拒否された「次に」登録すべきところ

転職エージェントは無料で誰でも登録できるのですが、サポートが受けられるかどうかは、転職エージェントの判断によります。

わたしたちの転職を成功させることで報酬を得る仕組みの転職エージェントは「できるだけ転職が成功しやすい人をサポートしたい」というのが本音としてあるからです。

転職エージェントのビジネスモデルについて、詳しくは転職エージェントはなぜ無料?に書いていますが、簡単に例としては、

  • 年収600万円の英語ペラペラで資格もたくさん持っている人
  • 年収200万円のフリーターで資格なしの人

を比べた時に、どちらの方が高い年収の企業に転職できそうかは、明らかですよね。

転職エージェントも無限に人がいるわけではありません。一人で何人もの転職希望者を担当するわけですが、それでも足りなくなることは容易に想像できるかと思います。

だからわたしたちは選ばれる立場にあるのです。転職エージェントに50人が登録してきたとして、その転職エージェントで担当できる限界が40人だとすると、10人は「断られる」わけですね・・。

「転職エージェントに断られる」とはそういうことです。

ただし、ここで悲観する必要はありません。転職エージェントはたくさんありますし、ちゃんとやる気さえあれば誰でも登録できる転職エージェントもあります。

今回は、各転職エージェントで断られる理由と登録基準、断れた場合の他の転職エージェントの選び方について紹介してきます。

先に結論を言うと、以下の2つの転職エージェントの登録難易度はかなり低いです。すでにこの2つの転職エージェントに断られている場合は、転職エージェントへの登録は諦めた方がいいレベルだと思ってください。

誰でも登録できる転職エージェント

続きを読む

地方(田舎)から転職エージェントは利用可能?→都心部で働く意思があればOK!

転職エージェントは都市部の人を対象にしたサービスであることが多いです。「東京」、「大阪」、「福岡」あたりがメインとなります。

では、地方からの転職エージェント利用は「絶対に無理か」と聞かれると、必ずしもそうではありません。

地方からでも転職エージェントを活用できる方法としては2パターンあります。それぞれを詳しく見ていきましょう。

続きを読む

転職エージェントに年齢制限はある?主要エージェントで調べてみた

当サイトでは、転職エージェントのサポートを受けやすいのは「30代半ばまでですよ」と何度も行ってきました。

転職エージェントの難易度でも年齢よって厳しくなるといったことを書いています。

自分の経験と想像で書いていた部分もあったので反省して、

主要エージェント各社の年齢制限について言及している箇所をピックアップして裏付けしていきたいと思います。

続きを読む

転職エージェントを登録の難易度で比較!断られにくいのはどこ?

転職エージェントに断られるとめちゃくちゃ凹みます。

わたしのようにメンタルの弱い人間は、自分の価値はゼロなのだと絶望したものです。

キャリアやスキルが申し分ない人はいいでしょうが、経歴に自信がない方などはすがる思いで転職エージェントに登録することと思います。

そんな状況で断られた時のショックたるや・・・。

転職エージェントには、登録時における難易度が決まっています。もし、断られた場合は次の転職エージェントを狙えばいいですし、はじめから断られたくない人は難易度の低い転職エージェントから狙うといいでしょう。

自分の体験はもちろんのこと、体験者の数千もの口コミや評判を集めて転職エージェントの登録難易度を作成しました。

転職エージェント選びで悩んでいる方は参考にしてみてください!

続きを読む

面談場所がない遠方(地方)からワークポートを利用したい場合

ワークポートを利用する流れとしては、

申し込み

電話(転職の意思確認)

面談

という流れを踏む必要があります。

面談する場所はワークポートの東京本社もしくは地域ごとに設置された子会社に訪問しなければなりません。ここが結構ハードルが高くて、近くに住んでいる人ならいいのですが、遠方の方は中々難しかったりします。

「県を超えてもわたしワークポートの面談を受けに行くんだ!」という強い決意の方はいいのですが、交通費も必要ですし、時間もかかります・・。

ただし、ご安心ください。そんな遠方の方を救済する措置がワークポートにはあります。

2017年4月より新たに誕生した4つの子会社と、遠方で面談に行けない場合の代替策について紹介していきます。

続きを読む

未経験でも断られない転職エージェントをSE向けに徹底比較

物事は大抵のプロに相談したほうがうまくいきます。理由は簡単で、詳しく知っている人に聞けば最善の選択肢が取れるからです。

転職って人生の中で何回もするものではないですよね。多くの人が素人であって、ノウハウだってほぼないに等しいわけです。そんな素人の状態で転職活動を闇雲に行なってもうまくいくはずもありません。

転職エージェントとは、転職先とわたしたちをマッチングさせる転職サポートしてくれる人のことです。対応してくれるのは何百人もの転職を成功させてきた転職のプロたちです。転職活動に関わるありとあらゆるサポートをしてくれるにも関わらずわたちたちは完全無料で利用できます。

サポート内容を具体的に紹介すると、

  • 企業の紹介
  • 履歴書の添削
  • 面接対策
  • 企業との日程調整
  • 給料交渉

などなど、転職活動に関するあらゆることが含まれます。

わたしも未経験からSEを目指して分からないなりに手探りで転職活動をしていたのですが、中々上手くいかずに最後の最後で転職エージェントを利用しました。今思えば初めから使っておけばよかったのですが、自分ひとりの力で転職したいという変なプライドがあって、ズルズルと時間を無駄にしてしまったように思います。

未経験ってあたり前ですが、経験してないから未経験なわけですね。知らない業界になんの知識もない人間が飛び込んでいくことほど無謀なことはありません。知らないことは知っている人に聞いたほうが絶対にいいです。

わたしの今の経験から言わせてもらうと、未経験からSEを目指すのであれば絶対に活用すべきなのが転職エージェントです。

続きを読む

ワークポート体験した感想!未経験からSEに転職した話

未経験からSE転職を志し、ハローワーク・転職サイト、色々と行動はしてましたが、最終的にはワークポートで転職を決めました。

転職エージェントって人と合わないといけない分、ちょっとハードルが高いと思われる方が多いかと思います。自分も極力使わない方向で転職活動してたのですが、情けないことに断られまくり・・・、藁(ワラ)にもすがる思いでワークポートに登録しました。

面接会場となるオフィスが綺麗すぎてめちゃくちゃ恐縮してたんですけど、スタッフの物腰柔らかい対応や転職を成功させたいという熱意、何より一番すごいなと感じたのは求人数の数と質の高さです。

未経験のくせに結構高い水準で会社を選んでいたので弾切れも早かったのですが、ワークポートではどんだけ求人出てくるんだってくらい紹介してくれました。

また転職するなら、迷うこと無くワークポートを利用させてもらいたいと思わせてくれるような素晴らしいサービスです。(今の会社にかなり満足してるので、転職する予定はありませんが、、)

続きを読む

転職エージェントのコンサルタントに美人が多いので理由を考えてみた

転職エージェントはいくつか経験があるのですが、いつも思うのは「美人が多い

ワークポートを体験したときも、ワークポート体験した感想!未経験からSEに転職した話でも「番外:コンサルタントが丁寧で可愛い!」とこんなこと書いています・・。

あまりにも高確率で美人に遭遇するので、これは何か理由があるに違いない!と自分なりに考えてみました!

続きを読む